終活のはじめどき

最近は、ご自分の相続のことを積極的に考え、準備をなさる方が増えました。

では、終活、相続への備えは、いつまでにやらなければならないのでしょうか。

かんたんに申し上げて、認知症になる前にしなければ、時間切れです。このような話をセミナーでいたしますと、興味をもって聞いていただける方が増えます。

平均寿命は年々伸びている一方で、平均寿命と健康寿命の差は、ほとんど縮まっておりません。

ただ長生きすることではなく、病気にならずに生きることも大切です。また、老後の不安を早めに解消して、楽しく生きていくことです。

昨日まで元気だったのに、朝起きたらお迎えが来ていた。このような最期であれば、本人も幸せなことでしょうが、そのようにならないことがほとんであると思います。

2025年には、5人にひとりは認知症になるとも予想されています。老いへの備えは、当たり前のようになされるべきことになりつつあります。

なにもしないことが、リスクに直結します。本人の問題だけではなく、配偶者や家族にとってのことです。

認知症になれば、生活が不自由になるばかりではなく、資産が凍結されてしまうことがあります。

生活費を出し入れされている預貯金の口座が凍結されてしまうことがあります。

配偶者が認知症になっているときに、相続が発生すれば、遺産分割ができずに塩漬けになってしまいます。

風水害で、自宅の修繕が必要になっても、その契約をすることができません。

生前対策というのは、今や相続対策だけではなく、認知症対策にその重きをおいて考えることを推奨します。そのような意味で、タイムリミットは、認知症になるまでと表現させていただきました。

早めに手をつけることで、選択肢が増えます。それだけではなく、これから、どのように生きていくのかを考えるきっかけになります。

混沌として先の見えない時代ですが、専門家のサポートを受けながら、先を明るくすることができるのです。

グラーティア司法書士法人では、このようなお手伝いをさせていただいております。

70歳を過ぎたら、終活をはじめるときです。ぜひ、ご相談ください。

投稿者プロフィール

司法書士 野田啓紀
司法書士 野田啓紀
昭和56年 名古屋市生まれ、京都大学法学部卒業。
大学卒業後、複数の上場企業の管理部門にて、開示業務、株主総会運営、株式事務を中心に、IR、経営企画、総務、広報等に携わる。
平成26年司法書士試験合格後、名古屋市内の司法書士事務所勤務を経て、平成30年10月、司法書士野田啓紀事務所を開業。地元密着で、相続・認知症対策のコンサルティングに注力する。
令和3年1月、愛知県内で五つの司法書士事務所を統合して、グラーティア司法書士法人を設立し、代表社員に就任する。
ウェルス・マネジメントを深めて、個人や中小企業オーナー向けに、相続、認知症対策、事業承継やM&Aに関与する。税理士、不動産業、寺社と連携し、遺言書、任意後見契約、家族信託の利用を積極的に提案している。
また、自身も、司法書士事務所の承継に取り組む。
>「もっと早く相談すればよかった」

「もっと早く相談すればよかった」

わからないことで消耗する。
古い情報や勘違いな情報に振り回される。
自分でやってみて行き詰まる。

インターネットで調べる、雑誌を読む、友人知人に聞いてみるのもいいですが、はじめからプロに相談した方が早く解決できます。
わたしたちは、最新で正確なことをお伝えできます。

人生の時間には限りがあります。考えるよりもまず、相談してみましょう。

CTR IMG
PAGE TOP