終活の見える化と銀行口座

終活をはじめるにも、やさしいところから始めていただきたいものです。

まずは、自分の財産を総点検して、どこになにがあるのかを見えるようにしておくことです。

終活というのは、相続とは違い、亡くなった後のことばかりが問題ではありません。

生きている間、これから長く生きていくときに、自分も家族も困らないようにすることが先決です。

急に病気で倒れて救急車で運ばれたり、認知症になって財産の管理が難しくなったりしたときに、困るのは身の回りの家族です。

特に、銀行口座については手軽に始められますからおすすめです。

使っていない口座は解約する

銀行口座は、できるだけまとめる

相続で解約するにも、1000万円入っていても、5万円入っていても、やらなければならない手続は同じです。

医療費を払おうとして、家探しをしてやっと見つけた銀行の通帳を記帳してみたら、残高が500円では、がっかりして膝から崩れ落ちてしまいます。

まとめる場合は、できるだけ子どもたちの住んでいるところでも手続ができるような支店の多い金融機関を選びましょう。

たとえば、農協の口座は、口座のある支店に行かなければ手続ができませんから、家族には負担になります。

都市銀行では、郵送やインターネットでの手続もできるようになっていますから、管理はしやすいです。

定期預金は解約し、キャッシュカードを準備する

定期預金は、銀行の窓口に行かなければ解約できないところが多いです。

将来の医療費、介護費用のために貯蓄されている方もありますが、本人が銀行の窓口に行けないようでは、そのお金を使うことができません。

いまどき、定期預金にしておいても、金利がつくわけでもありません。

高齢になってから考えるべきは、増やすことよりも、使いたいときに、使えるようにしておくことです。

入院していたり、認知症になったりしてからでは、定期預金を解約することができません。

また、日常の生活費を家族の方に管理してもらうにも、キャッシュカードをつくっておくことも有効です。

もちろん、家族が勝手に使い込んでしまわないように、管理はしっかりしましょう。

財産管理を引き継ぎやすく

いつまでも元気なのはもっともなことですが、いつ、自分のことが自分でできなくなるのかわかりません。

財産管理ができなくなれば、家族や後見人に、これらを頼むことになります。

そのようなときに、どこに財産があって、毎月の収入や支出がまったくわからず、調べられないようでは、円滑に財産管理が引き継げません。

人生100年時代においては、誰もが、財産管理を他人にお願いをしていく可能性があります。

大切なことは、財産を整理する、まとめる、いらないものを片付けることです。

難しいことをするまえに、お金のかからない終活から始めてみませんか。

進めていくうちに、気持ちの整理や身の回りの心配ごとが整理され、具体的に相続に向けた備えが見えてくるものです。

投稿者プロフィール

司法書士 野田啓紀
司法書士 野田啓紀
昭和56年 名古屋市生まれ、京都大学法学部卒業。
大学卒業後、複数の上場企業の管理部門にて、開示業務、株主総会運営、株式事務を中心に、IR、経営企画、総務、広報等に携わる。
平成26年司法書士試験合格後、名古屋市内の司法書士事務所勤務を経て、平成30年10月、司法書士野田啓紀事務所を開業。地元密着で、相続・認知症対策のコンサルティングに注力する。
令和3年1月、愛知県内で五つの司法書士事務所を統合して、グラーティア司法書士法人を設立し、代表社員に就任する。
ウェルス・マネジメントを深めて、個人や中小企業オーナー向けに、相続、認知症対策、事業承継やM&Aに関与する。税理士、不動産業、寺社と連携し、遺言書、任意後見契約、家族信託の利用を積極的に提案している。
また、自身も、司法書士事務所の承継に取り組む。
>「もっと早く相談すればよかった」

「もっと早く相談すればよかった」

わからないことで消耗する。
古い情報や勘違いな情報に振り回される。
自分でやってみて行き詰まる。

インターネットで調べる、雑誌を読む、友人知人に聞いてみるのもいいですが、はじめからプロに相談した方が早く解決できます。
わたしたちは、最新で正確なことをお伝えできます。

人生の時間には限りがあります。考えるよりもまず、相談してみましょう。

CTR IMG
PAGE TOP