おふたりさまの相続

こどものいない夫婦、いわゆるおふたりさまの相続のご依頼です。

夫が亡くなったので、相続の手続をされたいとのことです。

依頼に来られた方は、相続人が自分ひとりしかいないと思い込んで、私の事務所を訪れました。

相続人の調査

子のいない方が亡くなった場合、その相続人は、配偶者だけではありません。

まずは、亡くなった方の父母、祖父母などの上の世代を調べます。

上の世代がすべて死亡しているときは、横の世代である兄弟姉妹に範囲が拡がっていきます。そして、兄弟姉妹も亡くなっているときは、甥・姪が相続人となります。

今回のご依頼では、結果として、相続人が奥様のほかに、兄弟姉妹と甥・姪となり、合計で15名にもなりました。

全国に点在する相続人の調査をするのに2か月以上かかりました。

関係者への連絡

それからがもっとたいへんです。

ご依頼者である奥様から、夫の兄弟姉妹や甥・姪に連絡を取ろうとしても、夫の生前からほとんど面識はありません。

中には、葬儀に来られた方もありましたが、全員と日常的に交流をしているわけではありません。

相続人全員に、今回の相続の件の説明と、ご協力に応じていただけるように、手紙でご案内をしました。

しかし、反応があったのは半分ほどです。何度も手紙を送って、ようやくお返事がある方もあります。

中には、振り込め詐欺と勘違いされて、手紙をロクに読まずに捨ててしまう方や、電話でクレームを入れてこられる方もありました。

縁遠い親戚の相続の手続に、ほとんど知らない相手から、突然に協力してほしいと頼まれて、迷惑に感じる方も少なくありません。かかわりたくないとはっきり言われる方もありました。

 
遠い親戚
亡くなった方のことはよく知らないので、関わりたくありません。
なにもいらないので、連絡してこないでください。

なにももらわないのに、わざわざ印鑑証明書を渡さないといけないのですか?迷惑です!

遺言書をつくりましょう

では、どのようにすればよかったのでしょう。

夫が生前に遺言書を準備されていれば、このようなことになりませんでした。

遺言書がなかったことで、相続の手続が複雑になるほか、親戚一同に迷惑をかけることになってしまいました。

財産の多い少ないにとらわれることではなく、子どものいないご夫婦にとって、遺言書は必須です。

今回の事例では、たまたま兄弟姉妹や甥・姪と連絡がついたため、時間はかかったけれども、手続が完了しました。

しかし、相続人の中に、認知症で判断ができない方や、行方知れずで音信不通の方が含まれていた場合、相続の手続が止まったり、とても時間がかかってしまったりすることになります。

相続によって、凍結されてしまった夫の預金口座からは、現金を引き出すこともできず、これからの生活はどうなってしまうのでしょう。

大切なことなので、繰り返します。

おふたりさまは、遺言書を必ず準備しておいてください。

投稿者プロフィール

司法書士 野田啓紀
司法書士 野田啓紀
昭和56年 名古屋市生まれ、京都大学法学部卒業。
大学卒業後、複数の上場企業の管理部門にて、開示業務、株主総会運営、株式事務を中心に、IR、経営企画、総務、広報等に携わる。
平成26年司法書士試験合格後、名古屋市内の司法書士事務所勤務を経て、平成30年10月、司法書士野田啓紀事務所を開業。地元密着で、相続・認知症対策のコンサルティングに注力する。
令和3年1月、愛知県内で五つの司法書士事務所を統合して、グラーティア司法書士法人を設立し、代表社員に就任する。
ウェルス・マネジメントを深めて、個人や中小企業オーナー向けに、相続、認知症対策、事業承継やM&Aに関与する。税理士、不動産業、寺社と連携し、遺言書、任意後見契約、家族信託の利用を積極的に提案している。
また、自身も、司法書士事務所の承継に取り組む。
>「もっと早く相談すればよかった」

「もっと早く相談すればよかった」

わからないことで消耗する。
古い情報や勘違いな情報に振り回される。
自分でやってみて行き詰まる。

インターネットで調べる、雑誌を読む、友人知人に聞いてみるのもいいですが、はじめからプロに相談した方が早く解決できます。
わたしたちは、最新で正確なことをお伝えできます。

人生の時間には限りがあります。考えるよりもまず、相談してみましょう。

CTR IMG
PAGE TOP