費用・料金

司法書士報酬についての考え方

司法書士の報酬は、自由化されており、事務所ごとにそれぞれの基準で決定しております。

当事務所では、依頼の内容に応じて、報酬規程に基づき、ご請求いたします。前もって見積書をお示ししますので、ご納得いただいたうえで、ご依頼いただければと存じます。

費用の目安について

以下に、事例ごとに費用の目安をお示ししております。

ご依頼の内容、不動産の評価額や数量などさまざまな条件により、費用は大きく変動しますので、詳細についてはお問い合わせください。

関連記事

身内の方に相続が開始したときは、不動産の名義の変更や預貯金・証券口座の解約等、さまざまな手続が必要となります。これらの手続にかかる費用について、ご案内します。 不動産の相続、相続登記 相続の手続について、ご依頼の内容にあわせて[…]

関連記事

不動産に関する登記手続をするのは、次のような場面です。 売買、生前贈与などで土地や建物の名義を変更する建物を新築またはリフォームした住宅ローンの借り換えをする住宅ローンの完済により担保を抹消する 掲載している報酬には、別途消費[…]

関連記事

会社や法人を設立するときは、商業法人登記の手続が必要となります。 また、会社を設立した後は、定期的に登記簿をメンテナンスすることが法令で義務付けられています。これらの手続にかかる費用について、ご案内します。 株式会社設立の手続[…]

報酬

司法書士に依頼をしたことにより発生する手続報酬、裁判費用、日当などです。

単なる書類の作成のみならず、事前調査費用、相談料、依頼者様の権利を保護するために適切な助言・提案をする等の法務サービス・コンサルティング料が含まれております。

登録免許税

登記申請の際に、登録免許税法などの法令に基づき、法務局へ納める税金です。条件がととのえば、軽減措置を受けることができます。

その他の実費

郵送料、旅費交通費、登記簿や戸籍謄本の調査手数料など、実費に相当するものです。

費用の見積もりに必要な書類の例

ご依頼の内容によって変わりますので、お問い合わせいただいたときに、詳しくはご案内いたします。

  • 家族関係の一覧図
  • 資産の一覧表
  • 登記簿謄本
  • 固定資産税の評価証明書
  • 預金通帳
  • 会社の定款、株主名簿
>「もっと早く相談すればよかった」

「もっと早く相談すればよかった」

わからないことで消耗する。
古い情報や勘違いな情報に振り回される。
自分でやってみて行き詰まる。

インターネットで調べる、雑誌を読む、友人知人に聞いてみるのもいいですが、はじめからプロに相談した方が早く解決できます。
わたしたちは、最新で正確なことをお伝えできます。

人生の時間には限りがあります。考えるよりもまず、相談してみましょう。

CTR IMG
PAGE TOP